有酸素運動と無酸素運動の違いとは?

まず、『有酸素』と『無酸素』は体を動かすためのエネルギーを作る方法の事です。ここに誤解が生じていることが多いですね。(ランニングは有酸素、筋トレは無酸素みたいな)

この2つをしっかり理解しましょう^^

そもそも『運動』(というか体のエネルギーを作るシステム)は有酸素と無酸素の両方を使いながら行っていきます。車でいう所の『ガソリンとモーター』で動くハイブリットと同じ感じですね^^

【ガソリン=有酸素】で【モーター=無酸素】みたいな感じですね。

 

ガソリンの方が沢山あってエネルギーを取り出しやすく、モーターの方が走り出しにすぐに使えるけど短時間しか使えない。みたいなイメージで大丈夫です^^

有酸素は体の中の『ピルビン酸』(糖質の代謝物)や『グリセロール』(中性脂肪の代謝物)を使ってエネルギーを取り出していきます。

一方の無酸素は『解糖』(グルコースを使った即時エネルギー)を行って瞬間的にエネルギーを作り出します。ここで代謝物として『ピルビン酸』が発生します。

 

つまり、運動をすると『無酸素が働いて、エネルギーが足りなくなると有酸素が一緒に働く』が正解です。なので両方働くということになります。

長くなるのでここまでで、次回にはお互いのメリットを書いてみます^^