ダイエットで飲んでも良いお酒、飲んではいけないお酒

結構良く聞かれるご質問で、最近特に多いので記事にしてみました^^

えーーーー、結論からいきます(笑)

基本的に『アルコールは全部だめ』です…

 

焼酎やウイスキーなどの蒸留酒は大丈夫とか言われますが、そもそもの原料は『大麦やライ麦』などの穀物が原料です。糖質を栄養源にして微生物が発酵を行い、エタノールをつくります。この過程で糖質は微生物のエネルギーとして大量に消費されますが、少量は糖質が残ります。ですが蒸留酒は作られる過程で最終的に蒸留を行い糖質を0にします。なので、ダイエット中も大丈夫と言われます^^

『効率の良い脂肪の減らし方』も参考に^^

 

じゃあ、何故ダメなのか??ですね^^

問題はお酒に含まれるエタノールがどういった影響を及ぼすのか??そこを少し深堀します^^

お酒の『アルコール』は正確に言うと『エタノール』を含むものです。エタノールの化学式はC₂H₅OHです。これは体にとっては毒素なので、人の体は非常に優秀でこの毒素を何とか使えるものに変化させていきます。ややこしいので割愛しますが最終的には『酢酸』という物質に肝臓で処理されます。飲酒後の酸っぱい匂いはこれが原因ですね^^

この『酢酸』は単体では体の高エネルギーを生み出すものとして非常に優秀なのですが、その反面体の状態を酸性に傾けてしまう為に、体内㏗値が崩れ他の酵素の働きを阻害してしまうんです。

特に解毒作用で必死になっている肝臓の仕事である『脂肪の分解』『筋肉の合成』といった大事な酵素の動きも阻害してしまいます💦

まとめると、『お酒自体に太る要素が多いわけではない』がお酒と一緒に摂った食事やツマミなどが『お酒の成分の影響で分解や合成に働きにくい』結果になるんですね^^

だから痩せにくくなってしまいますし、体調も崩しやすいので毎日はやめて必ず休肝日を作って肝臓の機能を戻していきましょう!!

トレーニングの効果を半減させてはもったいないですもんね!!